スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みよ田@長野

仕事を終えて、帰り掛けに、またまた「みよ田」

エビス中ビン580円。お通し100円。
ぐびっ、ぷはー、と疲れを癒す。

本日の刺身3種盛り780円と、燗酒420円を注文した。
刺身は、ボタン海老、ワラサ、メダイだったかな。
そば屋だし、そんなに期待はしていなかったが、充分美味しかった。

そして、〆はやっぱり、「合鴨せいろ」840円。
さくっと啜りこんで、お勘定。

幸せになれる店だ。

みよ田31 みよ田32 みよ田33

そばきり
みよ田(長野本店)
住所:長野市南千歳町1-16-2
TEL:026-227-9161
スポンサーサイト

ざるそば@善光寺

善光寺の参道周辺には、山のように蕎麦屋がある。
「此処は旨いよ」と教えられた「元屋」へ。割りとちっちゃい店構えだった。

天丼やフライなどとのセット物が充実しているようで、周りを見渡してもとても美味しそうだったのだが、後の事があるので目をつぶって「ざる!」600円。

元屋11 元屋13 元屋14

数分でやって来た「ざるそば」は、ガツン系ではなく上品な味わい。のど越しも滑らかだった。
勧めてもらっただけあって、さすがに満足できる一枚。

元屋15

手打そば処
元屋(もとや)
住所:長野市大門町587-3
TEL:026-232-0668



「元屋」を出て、2軒目は何処にしようかと考えたが、暑い!

あちこち徘徊と思っていたのを断念し、結局一番近くの「かどの大丸」へ。
こちらは参道の交差点にある大きな店。歴史もありそうだ。

大丸15

同じく「ざる!」。700円だった。
待つこと約10分。「ざるそば」到着。

大丸12 大丸14 大丸13

信州手打そば
かどの大丸(かどのだいまる)
住所:長野市大門町504
TEL:026-232-2502



そば、のり、つゆ、値段・・・・・・
「元屋」の勝ち。

善光寺@長野

「諸事情により、しばらく長野へ来ないかも知れない」と思い、久しぶりに「善光寺」へ行った。

善光寺12 善光寺15 善光寺17

しかし、よく考えると25年ぶりくらいだ。
久しぶりどころじゃないや。

善光寺22 善光寺25 善光寺29

よい天気で、暑い。
松本の肌寒さなんか嘘のようだ。

善光寺38 善光寺30 善光寺32

「牛に引かれて善光寺参り」じゃないが、「諸国行脚をやってます」って風で、ジッチャン、バッチャンがはしゃいでいる。
何か、いい感じ。

善光寺35 善光寺37 善光寺39

境内でおみくじを引いたら、「大吉」
何か、いい感じ。

善光寺40

みよ田@長野

夜は長野。
サラリーマン時代の同期と会食した。

一人とは定期的に飲んでいるが、もう一人とは10年ぶりくらいか。
偉くなった代わりに、すっかり歳をとっている。あんなに若々しかった奴も、もうジジイだぜ。



〆はやっぱり、「みよ田」。今日もやっぱり、「合鴨せいろ」840円。
ちょっと量が多すぎるけど(藪あたりの3倍はあるね)、旨いなあ。
たっぷりの付け汁が最高よ。

みよ田21 みよ田22

そばきり
みよ田(長野本店)
住所:長野市南千歳町1-16-2
TEL:026-227-9161

COAT@松本

松本到着は、21時52分。
何と、随分と肌寒い。日本は広いな。

チェックインを済ませ、「MAIN BAR COAT」へ行った。

ほぼ満席の店内で、カウンターの端に座らせてもらう。
分厚い一枚板のカウンターが心地よい。
壁はシングルモルトのボトルで埋め尽くされている。すげえ品揃え。
好きな人には堪えられんでしょうな。

「おすすめを」とお願いして、まず「ウォッカギムレット」。2杯目は「サイドカー」をいただいた。

松本一の店と教えられてやって来たが、「確かに」。
佳い塩梅で店を出た。

COAT11.jpg COAT12.jpg

MAIN BAR
COAT
住所:松本市中央2-3-5
TEL:0263-34-7133

みよ田@長野

「治右衛門」が忙しそうなので早めに切り上げ、近くの「みよ田」へ。
そばで仕上げることにする。今日は一日「蕎麦三昧」だ。

「こごみのごまみそあえ」380円、「菜の花とあさりの煮びたし」380円で「蕎麦焼酎のそば湯割り」をいただく。
「みよ田」は長野へ来るたびに寄るが、旨いし安いし本当に良い店だと思う。

〆は「鴨せいろ」840円。サクッと食べて店を出る。ご馳走様でした。

みよ田11 みよ田12

そばきり
みよ田(長野本店)
住所:長野市南千歳町1-16-2
TEL:026-227-9161

治右衛門@長野

夜は長野駅近くの、酒菜「治右衛門」へ行った。
昨夜初めて訪れたのだが、大変良い店だったので再訪をお願いした。

若夫婦が2人でやっている店で、開店してまだ半年ほどだそうだが、18時過ぎにはもう満席。
4人卓4つ、カウンター6人の小さな店とは言え、大したものだ。

昨日は「のどぐろの塩焼き」をいただいたが、その旨さに絶句。
他にも「かぶと焼き」やら「何たら煮」やら旨そうなメニューが並んでいて、それを楽しみにしていたのだが、昨日全部はけてしまい、今日は良い魚が少なかったのであまり仕入れられなかったとのこと。ちょっと残念だった。

それでも「川えびの唐揚げ」「かますの塩焼き」「関さば」「生まぐろ」をいただく。
刺身は新鮮だし、他の料理は下拵えがしっかりしていてどれも美味しい。
生ビール、燗酒、山ねこで良い気持ちになった。

数年以内に、長野では有名な1軒になっているという気がする。
駅からも近いし、観光客にも自信を持っておすすめできる店だと思う。
また来よう。

治右衛門11 治右衛門13 治右衛門12

酒菜
治右衛門(じえもん)
住所:長野市南千歳町1-19-7
TEL:026-227-2000
17:00~24:00、月曜定休
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の日記
カテゴリー
最近のコメント
中華街ブログ&ランチ情報
最近のトラックバック
RSSフィード
ブログ内検索
プロフィール

piyos-K

Author:piyos-K
アラカン(50代後半)の
   毎日呑む酔っ払いジジイ♪
・はしご大好きで
      最後は大抵へべれけ
・酒 大好き タバコ 大嫌い
・二日酔いが多く 汁物を好む
・舌に自信なし
      感想も都度バラバラ
・メールはこちら(○は@に変換)
 ohapiyo2009○mbn.nifty.com

PVカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。