スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嶺吉食堂@那覇

さて沖縄のトリは、今回もここ。   旭橋の「嶺吉食堂」

嶺吉食堂l13

しかし、何たること!
実に、何たること!
この「嶺吉食堂」が、12月末で無くなってしまうとは・・・・・・。

食べログfacebookでも告知されているが、「立退き&経営者高齢の為」だそうだ。
(オバアはめっちゃ元気だったけどね)
きっと、いろいろあっての苦渋の決断なのでしょう。
なんとか、どっか近くに移転して再開して欲しいと切に願います。



そこで、最後の一食。

できれば全メニュー食べたいが、それも叶わぬ・・・・・・。
熟考を重ね、やはりお店の代名詞たる「煮付け」750円と「中味汁」600円。
それに、「煮付け」のご飯は辞退して、「沖縄そば(小)」400円をいただくことにした。

なに?、大本命の「あしてびち」750円は頼まないのかって?
大丈夫!
それは、ナントお持ち帰りに。

飛行機なんだけど、なんとかなるさ~♪ (笑)



ということで、まずは「沖縄そば(小)」

嶺吉食堂m13

シンプルだけど、麺もスープも旨い。
コーレグースを入れれば、さらにグ~♪   文句ない美味しさよ。



「煮付け」。   てびち、でかっ!

嶺吉食堂m11

てびちは1個だけで、あとは野菜というか、おでん種。
厚揚げ、大根、ニンジン、レタス、コンニャク、昆布、天ぷら系2種。
もう、ボリューム満点。   しかも、超やさしい美味と来たもんだ♪



この特大てびち、1個だけで相当満足できるよ♪

嶺吉食堂m12

柔らかくて、あっさりしてて、でも味はよく染みてて、
ホントに美味しいコラーゲンのかたまり。   最高っす♪



「中味汁」

嶺吉食堂m15

中味(豚モツ)に、コンニャクやシイタケを合わせ、生姜汁で炊いた一品。



この生姜汁が最高に旨いのだ。   個人的には沖縄で食べた中で、マイベスト♪

嶺吉食堂m17

モツが柔らか~く、生姜がピリッと効いて、どんな二日酔いにもバッチグ~!
あ~、癒されるなあ~♪



大将に「とっても残念!」とこぼすと、「オバアと記念写真撮って行けば」ですって!
ありがたく、オバアと我々をパチリと撮っていただき、涙を飲んでお店を後にした。





そして・・・・・・、機内持ち込みして運んだ晩ご飯。   苦労したのよ! (笑)

嶺吉食堂m23

でっかいてびち3個と、大根、レタス、昆布。
熱燗を、きゅっと♪
至福の晩酌だったことは、言うまでもない。

「嶺吉食堂」さん、ありがとう~♪   お達者で~。   再開を待ってま~す!



嶺吉食堂
住所:那覇市西1-24-2
TEL:098-868-5404

スポンサーサイト

前田食堂@大宜味村

「辺戸岬」からの帰り道。   昼は、大宜味村の「前田食堂」へ。



58号線沿いにあるお店へ、30分ほどで到着。

前田食堂m01

自分は初めてだが、地元での超人気店らしい。
運よく駐車できて、自分たちで席も満杯。   後からの人たちは、待ち行列。
とってもラッキーでした♪



メニューは、沖縄そばが中心のようだ。

前田食堂m03

協議の結果、名物の「牛肉そば」650円と、大事をとって「ソーキそば(小)」550円。
如何にも沖縄っぽいオネエサンが、てきぱきと注文を捌いていく。



待つことしばし。   「ソーキそば(小)」

前田食堂m11

ソーキがボリューミィに見えるが、ドンブリ自体が小さいので量はさほどでもない。
コーレーグース入れまくり。
ソーキもソバも美味しかったよ。



そして、来ました。   「牛肉そば」!

前田食堂m17

別に「大」とかじゃないんだけど、すっげえボリューム!   (二郎か!)

早速いただいてみると、モヤシと牛肉が超スパイシー。
塩と胡椒が、ばっち~んと効いてるぜ。
量が多い上にハードな味なんだね。

一人だったら持て余すと思うけど、
「ソーキそば(小)」とのシェアだったので無事に完食。
ナイスな組み合わせだったと思います。

ごちそうさまでした~♪

嶺吉食堂@那覇

ホテルをチェックアウトして、旭橋の「嶺吉食堂」へ。

嶺吉食堂l11

店の脇道の荒れ果てた外観をみたりすると、ちょっとビビるよね。  (笑)
でも中は、安心&フレンドリー♪
朝10時からやってるのが、非常にありがたい。



メニューは、前回来た時とほぼ一緒。
写真左下の「嶺吉食堂」の文字。   中華街で作ってもらったのかなあ?

嶺吉食堂l14

今日は、「あしてびち」750円と「ゴーヤちゃんぷる」600円をお願いした。



料理が来るまで・・・・・・、仕方なく・・・・・・   (うそ)

嶺吉食堂l15

乾杯~♪



先に、「あしてびち」

嶺吉食堂l16

すげ~よ。



特大のテビチ、3個。   下には、ダイコン、昆布巻き、レタス。

嶺吉食堂l18

しっかり脂は抜けていて、全然脂身ではない。   いわばコラーゲンの塊り。
柔らかなほっこり味の出汁が旨く、その味がよく染みたテビチ。
いくらでも食べられそうな感じ。

実際、お客さんの半分以上はこのテビチを注文し、サクッと1人3個を平らげて行く。
ここら辺りの国民食といってよいかもね。



後から、「ゴーヤちゃんぷる」

嶺吉食堂l19

ご飯だけじゃなく、沖縄そばの椀も付いている。



しっかり炒められた感が漂う美味しそうなゴーヤ♪

嶺吉食堂l21

ゴーヤ、スパム、卵、豆腐。   他に、豚肉やカマボコも入っていた。
お味の方も、見た目どおりにやさしい塩味。
こちらも、パクパクといくらでも食える感じだね。

どの料理もホント美味しい、やさしい、フレンドリー。
怖いのは、お店の外壁だけ。  (笑)

月曜の昼に帰ることが多い我々には、トリの食事にピッタリのお店です。



嶺吉食堂
住所:那覇市西1-24-2
TEL:098-868-5404

あさひ@那覇

日曜日。   のんびり昼酒を・・・・・・、などと考えながら旭橋界隈をうろうろ。





なかなかやってる店が無かったが、駅前ロータリーにやっと1軒発見。

あさひl11



こんなメニューで、まったりと泡盛なんて、好いよね~♪

あさひl12



「いらっしゃいませ~♪」と、奥から出て来たオネエサン。
「昼のメニューは、こちらになりま~す♪」

あさひl13

ゲッ!   麺類だけじゃん・・・・・・。



しばらく逡巡したが、他に店を見つけられなくて此処に入ったし、
汗も掻いていたので、「とりあえず、生~!」

あさひl14

ぷは~っ!
うめ~っ!

沖縄で飲むオリオンビールは、何故か最高に旨い!  (笑)





結局、「軟骨ソーキそば(小)」550円。

あさひl18

半分がっかりしながら食ったんだけど、・・・・・・このそばが予想外に旨かった♪

出汁が旨い。   麺が旨い。   そして、2つのってるソーキも実に旨い!
もちもちと、ねっとりと。   このソーキ、いい仕事してますねえ~♪
大きさも充分だし、まったくビールススム君でありましたな。



連れの「てぃだかんかんそば(中)」680円。

あさひl20

こちらはまた面白いスープと具。

スープは、甘辛い味付けの醤油ベースのラーメン風。
具は、細いモヤシと煮豚がたっぷり。
焦がしたトッピングもナイスアクセント。
同じく、いい仕事してるよね。

飲み足りないのは残念だったが、入ってガッカリ、出て満足の1軒でした。

波布食堂@那覇

「嶺吉食堂」の斜向かいにある「波布食堂」

波布食堂k12

今後も行く機会はないと思うが、せっかくなので写真だけ撮って来た。
何故行く機会がないかと言うと、・・・・・・超・大盛りの店だから。  (笑)



一番有名なのが、写真の「肉そば」

波布食堂k13

完食出来たとか、出来なかったとか・・・・・・、たくさんの写真がネット上を駆け巡っている。





怖いモノ見たさで・・・・・・、一度くらい・・・・・・   (笑)

波布食堂
住所:那覇市通堂町4-22
TEL:098-861-8343

嶺吉食堂@那覇

残念ながら、最後の食事。
朝昼兼用で、「嶺吉食堂」へ行った。   旭橋駅から徒歩10分くらい。

嶺吉食堂k12

とにかく、てびち(豚足)が有名なお店よ。



店内には、有名人の色紙や写真がビッシリ。

嶺吉食堂k14



メニューは、こんな感じ。

嶺吉食堂k16

自分は、もちろん「てびちそば」750円。
連れは、何故か「中味汁」550円。   ホント、中味が好きなんだねえ~。



月曜日の午前中だが・・・・・・

嶺吉食堂k17

乾杯~♪



やって来ました、「てびちそば」

嶺吉食堂k19

特大のテビチが3個。   特に、赤く見えるヤツは、骨入れのお椀と同サイズ!  (笑)
スゴイ肉の量だが、しっかりと脂は抜けているので、コラーゲンの塊りを食べているような感じ。
これが旨い♪
絶対食い切れないと思ったが・・・・・・、あっさり食えた。  (笑)

コーレグースをぶっ掛けて、麺もスープも完食&完飲。
ホント、美味しゅうごじゃりました♪



連れの「中味汁」

嶺吉食堂k21

今回も、ご飯は減らしてもらったようだ。



味噌汁ではなかったね。   ショウガ味のあっさりスープ。   このスープが絶品♪

嶺吉食堂k23

具は、中味(モツ)、コンニャク、シイタケ、カマボコ。   ちょっと独特だよね。
もちろん、まったく臭み無く、あっさりとした滋味豊かな味わいが素晴らしい♪
連れは何店もの店で「中味汁」をいただいているはずだが、「過去最高!」とのたもうた。



沖縄の食のトリに相応しい、美味しい食事でありました♪

嶺吉食堂
住所:那覇市西1-24-2
TEL:098-868-5404

最強食堂@宜野湾

昼は宜野湾。



宜野湾自動車学校の並びにあった「最強食堂」へ行った。

最強食堂宜野湾店k11

「最強食堂」・・・・・・、何て素晴らしいネーミングでしょう♪



そして、もっと驚いたのは・・・・・・、隣りが・・・・・・、「日の出らーめん」だったこと。

最強食堂宜野湾店k14

「横浜桜木町」の文字が眩しい!   (笑)



何はともあれ、最強メニュー♪

最強食堂宜野湾店k16

凄そうなのが並んでいる♪
そして・・・・・・、連れが選んだのは「最強ミックス丼」580円。   (アホちゃうか!)
自分は、普通に「ソーキそば」580円♪

しかし・・・・・・、どちらも完璧に相手をあなどっていた。
この店、一番高いメニューが実は580円!   後ほど、後悔することに。



食券を購入し、カウンターのおばちゃんに渡して番号札と引き換え、待つことしばし。
やがて番号を呼ばれ、取りに行く。



先に、自分の「ソーキそば」。

最強食堂宜野湾店k20

見ため、普通・・・・・・。



しかし、よく見ると、立派なソーキが4個も!

最強食堂宜野湾店k21

濃い味付けのお肉は、なかなかにボリューミィ。
ソーキだけで、結構持て余した。   (ジジイだからねえ~)  
麺とスープは、普通の沖縄そばでしたね。



問題はこちら。   「最強ミックス丼」

最強食堂宜野湾店k22

全体をタマネギと卵でとじてあるんで、基本的に「カツ丼」なんだね。
・・・・・・なんだけど、プラスアルファで、エビフライ、唐揚げ、ウィンナー入り。



奥は全部カツ。
手前の右側がエビフライ、左側が唐揚げ。   左端に飛び出ているのがウィンナー。
確かに最強だあ!

最強食堂宜野湾店k23

結果的に、カツちょい残し。   ご飯、かなり残し。   ・・・・・・でしたね。
夕飯食えないと、マジで心配になった。  (笑)

最強食堂 宜野湾店
住所:宜野湾市愛知35
TEL:098-892-5687





ちなみに、今回初めて入った「最強食堂」だが、沖縄に何店舗もあるチェーン店らしい。
道すがら、他に2店も見つけてしまった。



広栄交差点近くにあった「最強食堂 浦西店」

最強食堂浦西店k11
最強食堂浦西店k12

こちらの方が、看板が地味め。   ・・・・・・でもないか。  (笑)

最強食堂 浦西店
住所:宜野湾市愛知35
TEL:098-892-5687



奥武山公園駅の近くにあった「最強食堂 那覇店」

最強食堂那覇店k11

やっぱり、こちらの看板の方が最強な感じがします♪

最強食堂 那覇店
住所:那覇市鏡原町10-19
TEL:098-859-3223

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の日記
カテゴリー
最近のコメント
中華街ブログ&ランチ情報
最近のトラックバック
RSSフィード
ブログ内検索
プロフィール

piyos-K

Author:piyos-K
アラカン(50代後半)の
   毎日呑む酔っ払いジジイ♪
・はしご大好きで
      最後は大抵へべれけ
・酒 大好き タバコ 大嫌い
・二日酔いが多く 汁物を好む
・舌に自信なし
      感想も都度バラバラ
・メールはこちら(○は@に変換)
 ohapiyo2009○mbn.nifty.com

PVカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。