スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酔仙酒家@中華街657

昨夜は野毛。
久しぶりに悪代官と飲んだ。  二人で燗酒を10数本・・・・・・



べろべろ二日酔いの・・・・・・、昼は中華街。 うっぷ、ふ~。  (バカモノ!)

もちろんメンタンピンを探し求めて、西門通りの「酔仙酒家」へ行った。

酔仙酒家j11 酔仙酒家j12

店頭のランチメニューは、ご覧のとおり。  随分あるなあ~♪

800円の定食タイプが5種類。
700円の麺が3種類。
600円の麺・飯が2種類。
500円の麺が13種類、飯が9種類。

ほとんどが定番のようだが、総計32種類とは実に豊富なバリエーション。
大したものです♪

唐辛子マークの付いた汁麺が3種類あったので、
どれが一番辛いか訊いてみたところ、「麻婆豆腐麺」とのこと。
なので、それをお願いしてみた。



出されたお茶を飲みながら、待つことしばし。  やがて、「麻婆豆腐麺」がやって来た。

酔仙酒家j14

赤~いスープ麻婆豆腐がのった、オーソドックスなルックス。

早速、スープを一口、二口・・・・・・
十口くらい飲んじゃったかしら、スープが半分に減っちまった。 (笑)

確かになかなか辛いスープだ。 (KD5くらいあるかしら)
「麻」「辣」それなりに効いているが、それよりも胡椒辛さが強いのが特徴かな。
自分は塩辛さ胡椒の辛さにはあまり強くないので、少し舌が痺れる感じがして来た。

汗がジワッと吹き出たところで、ゆるゆると麺に取り掛かる。

中細麺の茹で加減はよろし。
具の豆腐挽肉も、値段的には充分な量。
豆腐が細かく刻まれているので、麺と一緒に食べやすくて好かった。

ただ、体調が悪い所為か、味はよく分からない。 (自業自得だ!)
汗を掻くためだけに食べているようで、お店には申し訳ない感じ。 (ごめんなさい)

時間を掛けて、麺と具を何とか平らげ、スープもほとんど飲み干した。

値段も安いお店だし、「青椒肉絲そば」600円とか、「酸辣麺」500円とか、
気になるメニューも沢山あるので、体調の良い時にまた来ます。
ご馳走様でした。
★★

広東料理
酔仙酒家(すいせんしゅか)
西門通り (住所:横浜市中区山下町216、TEL:045-681-6006)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の日記
カテゴリー
最近のコメント
中華街ブログ&ランチ情報
最近のトラックバック
RSSフィード
ブログ内検索
プロフィール

piyos-K

Author:piyos-K
アラカン(50代後半)の
   毎日呑む酔っ払いジジイ♪
・はしご大好きで
      最後は大抵へべれけ
・酒 大好き タバコ 大嫌い
・二日酔いが多く 汁物を好む
・舌に自信なし
      感想も都度バラバラ
・メールはこちら(○は@に変換)
 ohapiyo2009○mbn.nifty.com

PVカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。