スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杜記@中華街1057

今日は、辛い辛いの日♪   台南小路の「杜記」へ行った。



今週の「杜記 ランチメニュー」。

杜記lc81

今日も、初メニューにチャレンジ。
「手羽元とサンショウ炒め物」630円をお願いした。



いつもの絵ヅラ。   ・・・・・・と思ったら、今日は別館漬けじゃなくてザーサイ。

杜記lc82

スープは、前回と同じワカメと豆腐の味噌汁。
ザーサイは、これがスゴかった。   とっても辛いの!   (KD6はあるな)
おまけにニンニキ~。   これだけハードなザーサイは、滅多にお目に掛かれない。
辛い料理は大歓迎だけど、辛いザーサイは・・・・・・、
逃げ場が無くなっちゃうよね~。  (笑)



待つことしばし。   ご飯と「手羽元」がやって来た。

杜記lc83

お~っと、予想を超えるダイナミックなビジュアル。
手羽元が、真ん中から半分にぶった切ってあるんだねえ~。



2本の骨がニョキっと突き出した手羽元は、なかなか見られない光景。  (笑)

杜記lc86

不思議なのは、メニューは「山椒炒め」なんだけど実際は漬け唐辛子がバシバシ!
「泡椒炒め」の方が適切だと思うけどなあ。   (まあ、いっけど)

具材の方は、手羽元、ピーマン。   あとは、大量の漬け唐辛子と長ネギ少々。
割りとシンプルな構成です。

で、お味。
結構濃い醤油味で味付けされた手羽元を漬け唐辛子で炒めてある訳だが、
これが・・・・・・、マジに辛い!   (マジっすか!)
2個食べただけで、汗と鼻水が止まらなくなった。   KD8は楽にあるな。
多分、今年食べた「杜記ランチ」では最強だと思います。

でもね、これ・・・・・・旨いよ♪
辛さと醤油味が見事に融合して、「絶品のアテ」と申せましょう。
要するに、ハイパービールススム君。
この一皿で、生ビール3杯行けるんじゃなかろうか。   (残念ながら白いご飯だが)
是非、夜のメニューにも登場させて欲しい一品だね。



激闘15分。   ついに完膚なきまでに叩きのめしてやった♪  (笑)

杜記lc89

大量の漬け唐辛子と辣油の海。   後ろは、骨の残骸だぜ。



★★★
台南小路 / 手打ち中華麺・刀削麺 / 杜記(とき) / ランチ履歴

2012年ランチ178回目(82店目)
今日も、中華街に感謝♪



昨日オープンしていた香港路の「壹路發」
今日は、早くもこんなランチメニューが登場していた。

壹路發l04

これって、台湾系?
「ニーハオ」「福楼」「口福」に次ぐ四男の誕生なのでしょうか?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

前記事の牡蠣も美味しそうですが、
この手羽元とサンショウ炒め物もいいですね。
KD8ですか。
辛いのは好きなんだけど、すぐに汗をかきます。
年末までに1度横浜へ行こうと思っているので、
その時、この料理があれば僕も激闘してみたいです。

○薄井 正さん

私もホント汗っかきで、この完食には苦労しました。(笑)

「これはビール向きの料理だから、夜のメニューにしてよ」
とオネエサンに言いましたが、ニヤッと笑うだけでした。

横浜へお越しになったら、是非中華街を堪能してください。

そそられます

こんなランチがこの値段で出てくるなんて、やっぱり中華街は面白いですね~。
食べた後が格闘の後を感じさせ、うらやましさに打ち震えました。

○80C(ハオチー) さん

やはり200店舗以上のお店と料理人がいる中華街ですので、
ランチと云えども面白いメニューに出くわす事はまま有りますね。
とてもありがたい事だと思っています。

ただ、この料理は正直ちょっと辛過ぎましたが。(笑)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の日記
カテゴリー
最近のコメント
中華街ブログ&ランチ情報
最近のトラックバック
RSSフィード
ブログ内検索
プロフィール

piyos-K

Author:piyos-K
アラカン(50代後半)の
   毎日呑む酔っ払いジジイ♪
・はしご大好きで
      最後は大抵へべれけ
・酒 大好き タバコ 大嫌い
・二日酔いが多く 汁物を好む
・舌に自信なし
      感想も都度バラバラ
・メールはこちら(○は@に変換)
 ohapiyo2009○mbn.nifty.com

PVカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。