スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻婆豆腐の楽しみ方

【中華街 麻婆豆腐の楽しみ方】

中華街のどちらのお店でも食べられる「麻婆豆腐」、中華料理の定番中の定番です。
ただ、一口に「麻婆豆腐」といっても、個性も特徴も実にいろいろ。
ほとんど辛くない家庭的なタイプから、痺れる辛さの本格的なものまで様々です。

今日ここでは、後者。
「本格的な辛いタイプの麻婆豆腐」の楽しみ方をご紹介したいと思います。





1.四川料理専門店の麻婆豆腐

中華料理には、広東料理、上海料理、四川料理、北京料理、台湾料理など、
各地方ごとに様々な特徴を持った料理文化がありますが、
その中でも「辛い料理」を得意とする代表は、やはり四川料理です。

辛くて美味しい「麻婆豆腐」を食べるのであれば、
四川料理専門店のグランドメニューから目を背けることはできません。

ということで、まずは四川料理専門店の「麻婆豆腐」をいくつかご紹介します。
(写真はお店のHPなどから拝借しました)



■重慶飯店(本館、別館、新館、茶楼)     重慶飯店HP

麻婆豆腐 : (小)1,400円 (中)2,100円
麻婆豆腐_重慶飯店

正宗麻婆豆腐(本館) : (小)¥1,200 (中)¥1,800.
正宗麻婆豆腐_重慶飯店本館



■京華樓(本館、大通り店)     京華樓HP  本館ぐるなび  大通り店ぐるなび

本場の四川麻婆豆腐 : 1,700円 ハーフ900円
麻婆豆腐_京華楼2



■景徳鎮(本館、新館)     本店HP  新館HP

四川マーボー豆腐(本場の辛さ)(本館) : 1,890円
麻婆豆腐_景徳鎮

四川マーボー豆腐(本場の辛さ)(新館) : 1,570円
麻婆豆腐_景徳鎮新館



■謝朋酒樓     謝朋酒樓HP

本場成都陳マーボー豆腐 : 1,680円
麻婆豆腐_謝朋酒楼



■福満園(本店、新館、別館)     福満園HP

四川マーボー豆腐 : 1,570円
麻婆豆腐_福満園

海の幸入り陳マーボー豆腐(別館) : 1,890円
麻婆豆腐_福満園別館



どれも美味しそうですよね♪

もちろん「味の好みは十人十色」ですので、どこが一番などとは申し上げられませんが、
どちらのお店の一品も本格的な「麻婆豆腐」であることは間違いありません。

もし可能であれば、複数のお店の「麻婆豆腐」を食べ比べてみられたら如何でしょう。
自分の好みに合ったお店も見つかると思いますし、
中華街の「麻婆豆腐」の奥深さを堪能できると思います。





2.平日ランチの麻婆豆腐

以上ご紹介した四川料理専門店の「麻婆豆腐」は、
もちろん何処も「辛くて痺れて本格的」なのですが、難点もあります。
それは、基本的に2~3人前以上と量が多いこと、それと値段が高いこと。
小サイズで提供してくれる店もありますが、一人で簡単にという訳には行きません。

その点、平日ランチで提供される「麻婆豆腐」なら、値段も安く、量も一人前。
一人でも手軽に味わうことができます。

前述のお店では、以下のような平日ランチを提供してくれています。
平日のお昼に中華街で食べるチャンスがあれば、
まず、平日ランチバージョンで「麻婆豆腐」を試してみては如何でしょう。



■重慶飯店(本館、別館、新館、茶楼)     重慶飯店HP

本館 「麻婆豆腐」 : 945円
別館 「本家のマーボー豆腐」 : 980円
新館 「麻婆豆腐ランチ」 : 1,050円
茶楼 「麻婆豆腐セット」 : 750円

■京華樓(本館、大通り店)     京華樓HP  本館ぐるなび  大通り店ぐるなび

本館 「本場四川の麻婆豆腐」 : 700円
大通り店 「本場四川の麻婆豆腐」 : 700円

■景徳鎮(本館、新館)     本店HP  新館HP

本館 「四川風麻婆豆腐掛け御飯」 : 1,050円
    「マーボー豆腐(普通の辛さ)」 : 700円 ※
新館 「四川マーボー豆腐かけご飯」 : 1,000円
    「マーボー豆腐(普通の辛さ)」 : 600円

■謝朋酒樓     謝朋酒樓HP

「成都風陳マーボー豆腐」 : 750円

■福満園(本店、新館、別館)     福満園HP

各店 「陳麻婆豆腐かけご飯(激辛)」 : 1,000円
    「マーボードーフ(普通の辛さ)」 : 650円 ※

(※印のランチは週替わりですので、あったりなかったり)





3.変化球の麻婆豆腐

「麻婆豆腐」といえば、「麻と辣」、「山椒と唐辛子」、「豆腐と挽肉」。
これが基本です。
しかしながら、中にはいろいろと独自のアレンジを加えて、
「変化球の麻婆豆腐」を楽しませてくれるお店もあります。



■福満園(本店、新館)     福満園HP

「福満園」の本店と新館では(別館を除く)、「陳麻婆シリーズ」と称して
スペアリブ、牛肉、海鮮などの具材を加えたオリジナルの「麻婆豆腐」を出しています。
通常の「麻婆豆腐」とは違った味わいが楽しめるだけでなく、
食べ終わった後に麺を追加注文すれば、
ソースも残さず味わえるというアピールも面白いですね。



■心龍     心龍HP

「麻婆豆腐」と聞いて、唐辛子、辣油の赤い色を思い浮かべない人はまずいません。
一般人にとって、「麻婆豆腐」の色は無条件に赤。
ところが「心龍」へ来てみると、そうとばかりも言えなくなります。
それが「心龍」名物の「白麻婆豆腐」。
「へえ~、これが麻婆豆腐なの?」という味わいの一品です。

「白麻婆豆腐」 : 1,180円
白麻婆豆腐_心龍




■獅門酒楼     獅門酒楼HP  ぐるなび

こちらも、中華街屈指の変化球投手。(笑)
白子入り、牡蠣入り、ホタテ入りなど、海鮮系の変化球を投げ分けてくれます。
定番メニューではなく、季節メニューとして日々アレンジして提供されているようです。

「白子入り麻婆豆腐」 : 680円 (平日ランチ)
麻婆豆腐_獅門酒楼





4.その他の店の麻婆豆腐

もちろん、ここまでご紹介した「麻婆豆腐」は中華街全体のほんの一部。
決して他の店が不味いとか、ダメということではありません。
中華街には200軒以上の料理店があり、200種類以上の「麻婆豆腐」があります。

その200種類の「麻婆豆腐」ですが、大別すれば
あまり辛くせず食べやすさを売りにしている店と、
「本場、四川風、陳」などと冠を付けて辛さを強調している店に分かれます。

お店で辛さを確認して、もっと辛い方が良いなと思ったら遠慮せず、「辛くして!」
あるいは「辛く出来ますか?」と訊いてみましょう。
お店によって対応は様々ですが、無料でOKしてくれる店の方が多いと思います。

「麻婆豆腐」を辛くする時は、唐辛子、辣油、山椒などを増量するのが一般的。
中には、味付けのバランスが壊れてしまって「ただヒリヒリと辛いだけ」、
なんて失敗に終わる場合もありますが、それはまあご愛嬌。(笑)
予想以上に辛くて美味しい「麻婆豆腐」に出会える場合もあると思います。
臆せずトライしてみてください。

ただ、前述の四川料理専門店のように、
値段に差をつけて「普通」と「本場」など2種類の辛さを提供している店では、
「普通の辛さ」を無料で辛くしてもらうことは出来ませんので、
その場合は「本場の辛さ」の方を選んでください。

中華街200種類の「麻婆豆腐」。
とにかくいろいろなお店で食べてみて、自身の好みに合う「麻婆豆腐」が見つかれば、
それが一番だと思います。





【ご注意】
・上記情報は特定の店を推奨するものではありません。「味の好みは十人十色」です。
 お店の選択は自己責任にてお願いします。
・記載の値段、メニュー等については経過とともに変更・改訂が予想されますので、
 最新情報は直接お店に確認いただきますようお願いします。
・情報の誤り等あれば、ご指摘いただければ幸いです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

待っていた特集記事が始まりました。
僕は、僭越ながらpiyos-kさんの好みを信頼しているので、
参考にしたいと思っています。

○薄井 正さん

おっと、待たれていたとは!(笑)

何を書くにしても、あくまで私個人の主観でしか書けませんが、
少しでも読んで下さる方の役に立つ情報発信が出来るならばウレシイです。
そして、それが中華街のお店の為にもなれば最高です。

ただ、時間は掛かりそうですのでボチボチやらせてください。
よろしくお願いします。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の日記
カテゴリー
最近のコメント
中華街ブログ&ランチ情報
最近のトラックバック
RSSフィード
ブログ内検索
プロフィール

piyos-K

Author:piyos-K
アラカン(50代後半)の
   毎日呑む酔っ払いジジイ♪
・はしご大好きで
      最後は大抵へべれけ
・酒 大好き タバコ 大嫌い
・二日酔いが多く 汁物を好む
・舌に自信なし
      感想も都度バラバラ
・メールはこちら(○は@に変換)
 ohapiyo2009○mbn.nifty.com

PVカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。