スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福満園新館@中華街1085

昼は中華街。   開港道の「福満園新館」へ行った。



本日の「ランチメニュー」

福満園新館lb32

同行者と相談の上、「豚バラ肉の四川風醤油煮」
「玉子の柔らか炒め 海の幸入りあんかけ」各650円をお願いした。



すぐに、ポットでお茶。   続いて、ご飯、スープ、小皿2つ。

福満園新館lb34

スープは、高菜味。   高菜漬はマイ大好物。   一気に飲み干した♪
小皿は、砂肝のピリ辛とザーサイ。
砂肝がハイパーニンニキ~で、ちょっとビックリ。



待つことしばし。   先に「豚バラ煮込み」

福満園新館lb35

四川風というだけあって、大きな唐辛子3本が存在感を放っている。



てかてかと濃厚光線が感じられる。   見るからに「濃い~」って感じ。

福満園新館lb37

下には小松菜が敷いてあるんだけど、豚バラだけでも結構なボリューム。
豚バラは適度な柔らかさで、箸で摘むと赤身と脂身の間でホロッと分かれる。

その脂身をパクッと一口。
濃厚な甘辛さ、ってか、やっぱ辛いね。   KD6くらいあるかも。
普通の醤油煮込みより、一段とご飯ススム君でありんす。
唐辛子は除けたけど、油断して八角やら丁子やら齧っちゃって、更に汗をかいた。



後から、「玉子炒め」

福満園新館lb39

こちらは、豚バラとは逆にあっさりの見ため。



プレーンな玉子焼きに、刻んだエビ、イカの入ったとろみ餡を掛けた一品。

福満園新館lb41

こちらのお味は、見た目どおり。
塩味の効いた餡で、ふわっとした卵をいただく。
エビとイカが、味と食感のアクセント。

ご飯を進ませるためにだろうか、塩味がかなりきつめ。
個人的には、もう少し塩加減を抑えてまろやかにして欲しかった。

ただ結果的には、この2つの料理の組み合わせはとても正解だった気がする。
あっと言う間に、ご飯が蒸発してしまった。



すっかり完食して、〆の杏仁豆腐

福満園新館lb42

今日は、途中まで全然煙くなくてラッキーと思っていたが、
隣席の4人組が食事を終えて一斉にスパスパ。   一気にテンションだだ下がり。
失速ランチとなりました。



お店の禁煙&分煙を願って ★
開港道 / 四川・上海料理 / 
福満園新館(ふくまんえん しんかん) / ランチ履歴

2012年ランチ206回目(90店目)
今日も、中華街に感謝♪

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の日記
カテゴリー
最近のコメント
中華街ブログ&ランチ情報
最近のトラックバック
RSSフィード
ブログ内検索
プロフィール

piyos-K

Author:piyos-K
アラカン(50代後半)の
   毎日呑む酔っ払いジジイ♪
・はしご大好きで
      最後は大抵へべれけ
・酒 大好き タバコ 大嫌い
・二日酔いが多く 汁物を好む
・舌に自信なし
      感想も都度バラバラ
・メールはこちら(○は@に変換)
 ohapiyo2009○mbn.nifty.com

PVカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。