スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CHINA STYLE@大手門

昼は大手門。酒菜厨房「CHINA STYLE」へ行った。
黒系を基調としたおしゃれな内装のお店だ。

・オリジナル黒ごまラー油の担々麺700円
・本日のランチセット(鶏の唐揚げ油淋鶏ソース)800円
・鎮江黒酢の酢豚セット950円
・四川式麻婆豆腐セット950円
・五目あんかけつゆそば900円
・いろいろあんかけ中華丼900円
ランチはこんな感じのメニューになっている。

「オリジナル黒ごまラー油の担々麺」に惹かれて入ったので、もちろん「担々麺」を注文。
白飯+100円、中辛+50円、激辛+100円、超激辛+150円とある。
デフォルトがどの程度の辛さか訊くと、「あまり辛くない」とのことなので、「激辛」にしてもらった。

メニューを読みながら、待つことしばし。
ピーナッツ、ゴマを主原料とした40種類の調味料を練りこみ、熟成させた担々味噌
特注多加水中太ちぢれ麺のもちもち感と麻(山椒)、辣(辛味)を控えたオリジナル

なんて書いてある。
麻(山椒)、辣(辛味)を控えたで、ちょっと萎えたりして。

10分弱か。お盆で「担々麺」が運ばれる。
ルックスは非常に「いい感じ」だが、量は少なそうだ。
きれいなオレンジ色のゴマソースに、黒いラー油が墨のように掛かっている。
具は挽肉と青菜

早速スープからいただくと、ゴマぷんぷんでなかなか美味しい。
ゴマの甘さの所為か、第一印象の辛さはそれほどでもない。
オリジナル黒ごまラー油は少し苦い感じ。無くてもよいかも。
あと輪切りの鷹の爪が沢山入っているが、これはちょっと。食感がどうも苦手だ。
でも美味しいスープだと思う。

は中太というより中細の縮れ麺。これも素直に美味しい。
青菜、挽肉と一緒にいただくと、あっという間に無くなった。やはり量は少ない。
あまり空腹でもなかったが、ちょっと足りない気がして白飯を追加。

白飯を残ったスープに投入すると、「担々雑炊」に早変わり。
白飯スープを吸って激旨!
一粒、一滴も残さず平らげた。これは大ヒットでしたな。

900円のランチになったが、「担々麺」「担々雑炊」の2杯分の値段と思えば悪くない。

CHINASTYLE01.jpg CHINASTYLE11.jpg

酒菜厨房
CHINA STYLE
住所:福岡市中央区大手門1-10
TEL:092-725-1010
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の日記
カテゴリー
最近のコメント
中華街ブログ&ランチ情報
最近のトラックバック
RSSフィード
ブログ内検索
プロフィール

piyos-K

Author:piyos-K
アラカン(50代後半)の
   毎日呑む酔っ払いジジイ♪
・はしご大好きで
      最後は大抵へべれけ
・酒 大好き タバコ 大嫌い
・二日酔いが多く 汁物を好む
・舌に自信なし
      感想も都度バラバラ
・メールはこちら(○は@に変換)
 ohapiyo2009○mbn.nifty.com

PVカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。