スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明蘭餐庁@中華街275

土曜日なのに、先週に引き続きお仕事。で、仕方なく(うそ)、昼は中華街。
香港路の四川料理「明蘭餐庁」へ行った。

お隣さんの「海員閣」には、20人ほどの行列が出来ている。
昼食に30分も1時間も行列する感覚って、正直分かりません。(夜でも分からないが・・・)

A.鶏肉とピーマンの醤油炒め
B.豚肉の四川風ピリ辛炒め
C.イカのオイスターソース炒め
D.野菜炒め
E.ホタテ貝柱の大葉香り炒め

週替りサービスランチはこの5種類。Eのみ750円。その他は600円。
これかなっと、「豚肉の四川風ピリ辛炒め」を注文してみた。

すぐに、お茶、おしぼり、お箸が出され、待つことしばし。
と・・・・・・、今日はスープ、ザーサイ、料理、ご飯、杏仁豆腐、一式まとめてやって来た。

スープは、ワカメと白菜のスープが大きな器にたっぷりこ。何故かカキの香り。美味しい。
ザーサイは、シンプルなノーマルなお味。

明蘭餐庁i11 明蘭餐庁i12

「豚炒め」は、四川風ピリ辛にちょっと期待したが、辛さはほとんどなかった。微辛。
具は、豚肉、タケノコ、キュウリ、キクラゲ、ネギ
キュウリって炒め物には難しいんじゃないかと思うが、料理人さんの腕がよいのでしょう。
火の通し加減がバッチリ。キュウリを含め、どの具材も美味しいのだ。
パクパクいただいて、ほんのりと汗をかいた。

〆はいつもの杏仁豆腐。ご馳走様でした。
当然ながら「海員閣」には、まだ同じ人達が並んでいる。合掌。
★★

明蘭餐庁i13 明蘭餐庁i14

四川料理
明蘭餐庁(みんらんさんちん)
住所:横浜市中区山下町147
TEL:045-681-3082

2008.11.15(土)★★   「ロースハムと玉子の炒め」 600円 他
2008.08.26(火)★★★ 「芝エビと岩のりの塩味炒め」 750円
2008.04.11(金)★★   「豚肉のカレー炒め」 600円


「青海星」が、平日と変わらない600円のランチメニューを出しているのを初めて見た。
  平日に行きにくい人には朗報と言えましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

以前、おかみさんに聞いた話。
ここのシェフは陳建民の弟子だったそうです。

Re: タイトルなし

酔華さま
土曜日に「明蘭餐庁」へ行くと、「中華街で一番安く飲める」と言い合いながら、ランチとビールを楽しんでいるオジサン軍団を毎回のように見かけます。
美味しいランチを安定供給してくれる店だと思っていましたが、何とも由緒正しいシェフさんだったんですね。 びっくりしました。
赤坂の四川飯店。一度行ってみたいですねえ。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の日記
カテゴリー
最近のコメント
中華街ブログ&ランチ情報
最近のトラックバック
RSSフィード
ブログ内検索
プロフィール

piyos-K

Author:piyos-K
アラカン(50代後半)の
   毎日呑む酔っ払いジジイ♪
・はしご大好きで
      最後は大抵へべれけ
・酒 大好き タバコ 大嫌い
・二日酔いが多く 汁物を好む
・舌に自信なし
      感想も都度バラバラ
・メールはこちら(○は@に変換)
 ohapiyo2009○mbn.nifty.com

PVカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。