スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杜記別館@中華街295

昨夜は野毛を4軒はしご。

「武蔵屋」はお休み。「しばらくお休みします」の文字が目に痛い。
「お秀」は、すっかり変わっていて、ちょっとショック。
「栄屋酒場」は、皆さん「あなご天」を食べていた。「横浜本」恐るべし。(笑)

〆に「華隆餐館」へ行ったような気がするが・・・・・・
本当に行ったのか?、何を食べたのか?、まったく記憶がない。(馬鹿である)



で、またまた昼は二日酔い。
で、またまた辛い辛いモード!
で、またまた「杜記別館」

二日酔い ⇒ 辛い辛いモード ⇒ 杜記別館
何だか、パブロフの犬みたいですなあ。

杜記別館i85

本日のランチメニューはこの10種類。
「四川冷麺」「四川燃麺」をやっつけようと思っていたのだが・・・・・・
どうにも気になってしょうがない「麻婆魚」。どんなんだろね?
結局、こいつを注文した。

杜記別館i81 杜記別館i82 杜記別館i83

まず、コップとおしぼり。(水は自分で注ぎなさい)
続いて味噌汁が出て来た。豆腐、えのき、シメジのほっこり味。和める。
さらに、大根とニンジンのピリ辛とご飯。
ご飯はてんこ盛り。「二日酔いでこんなに喰えるかい」と思った。

そして真打ち。「麻婆魚」の登場です。
汁気の多い麻婆豆腐風を想像していたが、違いました。
3cm角ほどの白身魚を揚げたものと挽肉味噌の炒め物ですな。

早速白身魚をいただいてみると・・・・・・、辛い!(まあ、想定内ですが)
白身魚がちょうど一口サイズで食べやすい。パクパクと好い感じ。

そして、挽肉味噌。こいつが実に旨かった。
挽肉、唐辛子、山椒、ネギ、ピーナッツ、諸々の香辛料。絶品です。
「四川燃麺」挽肉味噌も旨いが、あちらの方が塩辛さが強い。
こちらは塩辛さはそれほどではなく、唐辛子の辛さと旨みのある甘さが渾然一体。
あたしゃ、こっちに軍配を上げますな。

挽肉味噌をご飯にぶっ掛け、汗だくだくの鼻水だらだらで喰いまくった。(汚いなあ)
あれほど多いと思ったご飯が、ぺロッとなくなりました。
店を出た後も、口の中が痺れています。
★★★

杜記別館i84

四川料理
杜記別館(ときべっかん)
住所:横浜市中区山下町146
TEL:045-633-3398

2009.05.14(木)★★★ 「牛肉麺+山東水餃」 680円
2009.05.08(金)★★   「口水鶏麺+山東水餃」 680円
2009.04.20(月)★★★ 「四川冷麺+山東水餃」 680円

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の日記
カテゴリー
最近のコメント
中華街ブログ&ランチ情報
最近のトラックバック
RSSフィード
ブログ内検索
プロフィール

piyos-K

Author:piyos-K
アラカン(50代後半)の
   毎日呑む酔っ払いジジイ♪
・はしご大好きで
      最後は大抵へべれけ
・酒 大好き タバコ 大嫌い
・二日酔いが多く 汁物を好む
・舌に自信なし
      感想も都度バラバラ
・メールはこちら(○は@に変換)
 ohapiyo2009○mbn.nifty.com

PVカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。