スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

揚州茶楼@中華街344

昼は中華街。中山路の「揚州茶楼」へ行った。

A.油淋鶏
B.えび玉のかに肉あんかけ
C.回鍋肉
D.海鮮ラーメンと高菜入りチャーハン
S.空心菜とえび、いか、ほたての炒め
Z.えび、小柱入り激辛マーボートーフ

本日のサービスランチは、この6種類。A~Dは700円、SとZは880円。
ご飯、スープ、杏仁豆腐がおかわり自由である。

今日は同行者がリッチだったので(笑)、「空心菜炒め」「激辛マーボートーフ」を注文した。

すぐに、お水、お箸、小皿、スープが出される。
小皿はザーサイ、大根の酢漬け、焼売の盛り合わせ。今日も焼売が旨い。
スープは卵とワカメ。スープに野菜の味が好く染みていて、甘くて美味しい。速攻おかわり。

焼売とスープでほっこりした処へ「空心菜炒め」が登場。さらに続いて「激辛マーボートーフ」も。

揚州茶楼i33 揚州茶楼i34

「空心菜炒め」は、抜群に旨かった。
空心菜、タマネギ、シメジがしゃっきりと炒まって好い歯応え。
塩味だが唐辛子とニンニクがよく効いて実に美味しい。

エビ、イカ、ホタテもそれぞれにぷにぷに。豪華さを演出している。さすが880円。(笑)
こりゃ頼んだ甲斐があったというものです。

「激辛マーボートーフ 」は土鍋入り。熱々で、ぐつぐつと泡が立っている。
上には粉唐辛子も振られていて、味としてはひたすら辛い!
美味しいことは美味しいが、旨さより辛さが勝ちすぎている感じだ。

「激辛」というメニュー名に拘っているのかも知れないが、そこまで無理やり辛くしなくてもと・・・・・・
上海料理なんだし。(笑)
折角のエビと小柱も、素材の甘みがほとんど感じられなかったもんね。

「激辛」を何とか完食して、〆は美味しい杏仁豆腐。地獄で仏、砂漠のオアシス也。
★★★

揚州茶楼i31 揚州茶楼i32 揚州茶楼i35

上海料理
揚州茶楼(ようしゅうちゃろう)
住所:横浜市中区山下町151
TEL:045-641-0523

2009.04.22(水)★★★ 「海鮮ラーメン高菜チャーハン」 700円
2009.02.06(金)★★★ 「海鮮ラーメン高菜チャーハン」 700円
2008.09.24(水)★★   「イカ小柱ターサイ玉子のカキ油炒め」 700円

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の日記
カテゴリー
最近のコメント
中華街ブログ&ランチ情報
最近のトラックバック
RSSフィード
ブログ内検索
プロフィール

piyos-K

Author:piyos-K
アラカン(50代後半)の
   毎日呑む酔っ払いジジイ♪
・はしご大好きで
      最後は大抵へべれけ
・酒 大好き タバコ 大嫌い
・二日酔いが多く 汁物を好む
・舌に自信なし
      感想も都度バラバラ
・メールはこちら(○は@に変換)
 ohapiyo2009○mbn.nifty.com

PVカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。