スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

景徳鎮新館@中華街393

昼は中華街。10月7日に香港路にオープンした「景徳鎮新館」へ行ってみた。

入ってみると席の配置は「謝謝」の頃とほぼ同じ。
入り口側から1列に4、2、4、4人卓。1階は14名のキャパ。(2階は不明)
店の狭さは、如何ともし難いようだ。

A)牛肉とピーマンの細切り炒め
B)エビとイカのチリソース煮
C)豚肉とナス、ジャガイモ、ピーマンの炒め
D)豚レバーの香り辛子炒め
E)鶏肉とタケノコの辛子炒め

ランチメニューはこの5種類で各650円。ご飯、スープ、おしんこ、デザート付きとある。

他に、スペシャルメニューが2種類あった。
・ラーメン+半チャーハン800円
・四川風麻婆豆腐かけご飯(激辛)1,000円

特に目立つメニューもないので、「豚レバーの香り辛子炒め」を注文してみることに。

出されたお水を飲みながら、待つことしばし。
スープ、ザーサイ、ご飯。続いて、料理が運ばれる。
スープは卵とトマトの塩味スープ。なかなか美味しいです。
ザーサイは細切り。赤いプチプチで辛くしてある。(KD4

景徳鎮新館i14

お料理は、とってもカラフル♪
豚レバー、ピーマン、赤ピーマン、キクラゲの炒めだ。
唐辛子のプチプチがレバーにいっぱい張り付いている。辛いのかしら?

早速いただいてみると、辛さはそれほどでもなかった。ジワッと汗が出る程度。 (KD5
味もまあ普通。レバーがぷりぷりではなく、どちらかと言うと粉っぽいのが残念かな。

それよりも、食べてみて気が付いたのだが、非常に食べにくい料理だった。
理由は、ピーマンとその刻み方。
ピーマンがヘタの反対側の先端部分しか使われていないのだ。
それを1~2cmに刻んであるので、箸でつまみづらい。
真ん中の部分は他の料理にまわしたのだろうが、残り物で作られているようで、ちょっとね・・・・・・
(決して不味い訳ではありませんが)

価格的には、「景徳鎮本館」が700円。こちらは650円。しかし本館では小皿の1品が付く。
店の広さから、居心地は本館の勝ち。
メニューも味も、今日のところは本館かな?
今後に期待しましょう。 (何せ「景徳鎮」なんだから)
★★

景徳鎮新館i13 景徳鎮新館i12 景徳鎮新館i16

中国名菜
景徳鎮新館(けいとくちんしんかん)
住所:横浜市中区山下町138
TEL:045-681-5554

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

きのう、ちょうどイケメソ新人くんと香港路でメニューを見ていて、『豚レバーの香り辛子炒めか~なんかpiyos-kさんが好きそうなメニューだよね♪』と話したら、まーさーに当日召し上がっていたなんて!
夕方、彼が更新されたブログを早速発見して「デカプリ子さんすげー!予想が的中している!!」と興奮していました(笑)
ずっとファンしていると、色々わかってくるものなのよ、と答えときました。アハハ

ところでピーマン、言われて写真を見てみればホントだ!あきらかに端っこですねぇ
こーゆーのこそ、自分たちのまかないに使うべきなんじゃないでしょうかねー。

豚レバーの香り辛子炒め@景徳鎮新館

レオナルドデカプリ子さん

色々わかられてしまうものなのですね (アハハ)

自分のチョイスが単純なのか?
レオナルドデカプリ子さんの洞察力が凄すぎるのか?
恐らく両方でしょうか♪ (ああ、びっくり)

これからも是非、私のチョイスを当ててください。
よろぴく♪ (笑)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の日記
カテゴリー
最近のコメント
中華街ブログ&ランチ情報
最近のトラックバック
RSSフィード
ブログ内検索
プロフィール

piyos-K

Author:piyos-K
アラカン(50代後半)の
   毎日呑む酔っ払いジジイ♪
・はしご大好きで
      最後は大抵へべれけ
・酒 大好き タバコ 大嫌い
・二日酔いが多く 汁物を好む
・舌に自信なし
      感想も都度バラバラ
・メールはこちら(○は@に変換)
 ohapiyo2009○mbn.nifty.com

PVカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。