スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京華楼本館@中華街419

昼は中華街。関帝廟通りの「京華楼本館」へ行った。

A.本場の四川マーポドウフ★★★
B.海老と玉子の炒め
C.豚肉の四川風炒め
D.鶏肉のピリ辛炒め) 
今週のランチメニューはこの4種類で、各700円。ご飯、スープ、ザーサイ、杏仁豆腐付き。
は、お店の辛さ表示。
今日は「豚肉の四川風炒め」を注文してみた。

すぐに、お水、お箸、おしぼり。続いて料理。 ・・・・・・ って???
ちょっと早すぎませんか?

ほぼ同着で、ご飯、スープ、ザーサイ、杏仁豆腐もやって来た。

京華楼本館i23 京華楼本館i24 京華楼本館i25

これだけ料理が早いとちょっと勘繰りたくもなるが、まあ考えないことにしておこう。 (笑)
それよりも、卓上に気になるものを発見。

老油(ラオユ)花椒粉とある。

京華楼本館i22

店の販売品を試食用に置いてあるのだ。
早速匂いを嗅いでみると、どちらもすっげえ好い香り♪
こりゃあ好いや!

ということで、改めて料理にゴー!

京華楼本館i26

薄切り豚バラ、ピーマン、赤ピーマン、キクラゲ、タマネギの炒めです。
辛さは一つだが結構辛い。KD5くらいかしら。
当然、老油花椒粉が使ってあるのだろう。もほどよく効いている。

しかししかし、「見てしまったからには使わねば」と、卓上の2瓶をさらに振り掛けてみた。
ちょっと・・・・・・
もっと・・・・・・
たっぷりと・・・・・・


最終的に、ファイヤ~!
になりました♪ (KD8

いやあ~、この2瓶、最高!
の料理を、お好みで★★にも★★★にも出来るということです。

最後は美味しい杏仁豆腐で〆て大満足♪

この2瓶、当然販促用なのだろうが、ずっと置いておいて欲しいなあ!
大量に使う人なんかいないだろうし、これが置いてあるとランチの魅力がグンと上がる気がします。
★★★

四川料理
京華楼本館(きょうかろうほんかん)
住所:横浜市中区山下町138
TEL:045-211-2866

2009.08.04(火)★★   「牛肉とピーマンの四川麻辣風炒め」 700円
2008.10.08(水)★★   「スモークアヒルの黒豆炒め」 700円
2008.08.11(月)★★   「四川タンタン刀削麺」 700円

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の日記
カテゴリー
最近のコメント
中華街ブログ&ランチ情報
最近のトラックバック
RSSフィード
ブログ内検索
プロフィール

piyos-K

Author:piyos-K
アラカン(50代後半)の
   毎日呑む酔っ払いジジイ♪
・はしご大好きで
      最後は大抵へべれけ
・酒 大好き タバコ 大嫌い
・二日酔いが多く 汁物を好む
・舌に自信なし
      感想も都度バラバラ
・メールはこちら(○は@に変換)
 ohapiyo2009○mbn.nifty.com

PVカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。